社会福祉法人 七宗町社会福祉協議会

社会福祉協議会とは

 社会福祉協議会は、民間の社会福祉活動を推進することを目的とした営利を目的としない民間組織です。昭和26年(1951年)に制定された社会福祉事業法(現在の「社会福祉法」)に基づき、設置されています。それぞれの都道府県、市区町村で、地域に暮らす住民のほか、民生委員・児童委員、社会福祉法人・福祉施設等の社会福祉関係者、保健・医療・教育等関係機関の参加・協力のもと、地域の人々が住み慣れたまちで安心して生活することのできる「福祉のまちづくり」の実現をめざした活動を行っています。
 たとえば、各種の福祉サービスや相談活動、ボランティアや住民活動の支援、共同募金運動への協力等、全国的な取組から地域の特性に応じた活動まで、さまざまな場面で地域の福祉増進に取り組んでいます。
 町社協は、「だれもが安心して暮らせるふくしのまちづくり」をめざして、地域の人々や福祉・保健等の関係者、行政機関と連携を取りながら地域福祉を推進しています。高齢者や障がい者等の在宅生活を支援するための介護事業サービスや配食サービスをはじめ、さまざまな福祉サービスを行うほか、多様な福祉ニーズに応えるため、地域のボランティアと協力し、高齢者や障がい者、子育て中の親子が気軽に集える「サロン活動」等を実施しています。また、ボランティア活動に関する相談や活動先の紹介、福祉教育の支援等、地域の福祉活動の拠点としての役割を果たしています。

基本目標と基本方針

基本目標

町民一人ひとりが自立し、みんなで築く安心して暮らせる福祉の町「七宗」をめざします

基本理念

気づき、つながる、支え合いの社協

基本方針

地域の課題解決はみんなの力(地域力)を合わせて進めていくことが求められ、その課題把握解決方法の企画立案、社会資源の組織化等の活動を計画的・体系的に行い、七宗町社会福祉協議会地域福祉活動計画を推進します。

七宗町地域福祉活動計画「3つの具体的な目標」

目標1:互いに支え合うきずなづくり
地域とのつながり、ボランティア活動の新しい展開をはかる
目標2:見守り、支え合いのつながりづくり
見守り、支え合いのネットワークづくり
目標3:いつまでも安心して暮らせるまちづくり
総合相談支援体制、災害支援体制づくり

個人情報保護に対する基本方針

社会福祉法人七宗町社会福祉協議会(以下、「法人」という。)は、利用者等の個人情報を適切に取り扱うことは、介護サービスに携わる者の重大な責務と考えます。
 当方人が保有する利用者等の個人情報に関し適正かつ適切な取り扱いに努力すると共に、広く社会からの信頼を得るために、自主的なルールおよび体制を確立し、個人情報に関する法令その他関係法令および厚生労働省のガイドラインを遵守し、個人情報の保護を図ることをここに宣言する。

1.個人情報の適切な取得、管理、利用、開示、委託
(1) 個人情報の取得にあたり、利用目的を明示した上で、必要な範囲の情報を取得し、利用目的を通知又は公表し、その範囲内で利用します。
(2) 孤児情報の取得・利用・第三者提供にあたり、本人の同意を得ることとします。
(3)当法人が委託をする医療・介護関係事業者は、業務委託にあたり、個人情報保護法とガイドラインの趣旨を理解し、それに添った対応を行う事業者を選定し、かつ秘密保持契約を締結した上で情報提供し、委託先への適切な監督をします。
2.個人情報の安全性確保の措置
(1)当法人は、個人情報保護の取り組みを前役職員等に周知手徹底させるために、 個人情報保護に関する規定類を整備し、必要な教育を継続的に行います。
(2)個人情報への不正アクセス、個人情報の漏洩、滅失、又は毀損の予防及び是正のため、当法人内において規定を整備し安全対策に努めます。
3.個人情報の開示・訂正・更新・利用停止・削除等への対応
 当法人は、本人が自己の核の個人情報について、開示・訂正・更新・利用停止・削除等の申し出がある場合には、速やかに対応します。これらを希望される場合には、個人情報相談窓口電話46-1294(サービス提供責任者)まで、お問い合せ下さい。
4.苦情の処理
 当法人は、個人情報取り扱いに関する苦情に対し、適切かつ迅速な処理に努めます。

七宗町社会福祉協議会 地域福祉活動計画

※七宗町社会福祉協議会 地域福祉活動計画 令和2年度~令和6年度(PDFファイル 3.3MB)